高松ソープ

高松の風俗とソープ街

紫の下着

瀬戸内海に面した温暖な気候と、四国一の高層ビルでもある高松シンボルタワーを始めとした県庁本館やホテルなどが立ち並ぶ高松市は四国の玄関口として活発に機能しています。瀬戸内海の水を引いた水城である高松城跡に造られた玉藻公園や世界初のガラス張りで出来た灯台など観光地としても名所が多々あるのです。
高松の風俗を語る上で欠かせないのが今の城東町と元遊郭であった歴史です。高松市が市として成立したのは明治維新後の明治二十三年でしたが、遊郭の歴史もこの頃から始まり大いに賑わいました。戦中・戦後の激動を経て今ではソープが二十軒前後存在する風俗街となっています。
上は七万越えの高級ソープから三万円前後で遊べる大衆店まで営業しており、町内には主に観光客向けに風俗案内所もあるので初めて高松のソープを利用するお客さんも安心して訪れる事が出来るようになっています。高松のソープのコンパニオンのレベルはとても高く、どのランクの店の女の子であってもひどいハズレを引く事はあまりないでしょう。ソープ街として高松はなかなか有名なのでそれぞれの店に在籍するコンパニオン達もお互いがいい刺激をし合っており、お客さんに提供するサービスの質の向上に繋がっています。

最新情報

赤いドレス

高松のソープは価格帯も広い

四国の中でも、観光地として人気となっているのが香川県です。近年、特産品のうどんや、セルフうどん店が他の地域でも広まった影響で、香川県の観光地としての人気がより高くなりました。香川県を観光で訪れた時に、宿泊先として選ばれる事も多い高松には、宿泊施設も沢山あります。そして、大きな繁華街があり風俗店も沢山出店しています。その中でも利用料金も高めですが…

もっと読む

ボタンを留める女性

高松のソープは外見にこだわる店や嬢が多い

サービスなどの総合的なレベルが高い高松のソープの店舗は、嬢や店の外見などにこだわりながら利用客を楽しませる傾向です。近年は利用客に快適になってもらう為に西洋風をモチーフとした基調の店舗に鞍替えを行ったり、様々なタイプのヘアースタイルにこだわっている嬢が多い事が特徴です。若い高松のソープ嬢の中には体の形の美しさにこだわったり、大人としての魅力的な…

もっと読む